中部資材(株)燻蒸部TOP
虫が発生していないか気になる
微・菌が発生していないか気になる
薬品を使わずに保存・管理したい
重要書類の保管に良い方策は
館内の空気をより清潔にしたい
図書資料等の酸性紙が心配
ガラスが心配
リンク
燻蒸部・営業所案内
お問い合わせ

収蔵システム

従来収蔵品の保存は収蔵庫、書庫等空調機械の整った場所に裸の状態での保管が主流でしたが、作品(資料)を直接空調の空気にさらすのではなく保存箱(木製も含む)に入れ間接的な保存が主流になりつつあります。
 そこで当社は空気中の酸性物質にさらされている状態を中性紙の保存箱に作品(資料)を入れることによりより良い収蔵環境を作ることをご提案いたします。

もんじょ箱 ストレージ BOX KIT BOX

保存箱等の利点

1.酸性物質を保存箱等(中性紙)が中和してくれる
2.紫外線に直接曝されないので色の変色が無い
3.急激な温度、湿度の変化から守ってくれる
4.小さな空間の為、その中で調湿が個々に可能
5.埃から守ってくれる
6.不注意による事故から守れる
7.紙製品の為、色々な大きさ、形態を特注出来る
8.整理の認識が変わる
9.中性紙を使用しており収納された物を傷めない